〖無料・半額〗人気のお試しセットまとめ ☛click

【体験談】1人目が切迫早産!2人目もなりやすい?違いと予防法

このページは広告を含みます

「1人目が切迫早産だと2人目もなりやすい?」

「1人目と2人目の妊娠経過の違いが知りたい」

「切迫早産の予防法はある?」

1人目で切迫早産を経験すると、

「2人目も切迫早産になってしまうのでは?」

と心配していまいます。

実際に、1人目が切迫早産だと2人目も高い確率で切迫早産になるとされています。

この記事を読むと、以下のことが分かります。

  • 2人目が切迫早産になる確率
  • 2人目切迫早産にならないためにできること
  • 1人目と2人目の妊娠経過の違いについて

1人目も2人目も切迫早産で入院を経験した私が、それぞれの妊娠で同じだったこと・違ったことをまとめています。

プレママプレゼント注意すること 【2024最新】プレママプレゼントに注意!必ずもらえる無料プレゼント・リスクを解説!

2人目の妊娠も切迫早産になりやすい?

妊婦

切迫早産とは、早産の一歩手前の状態です。

早産は全妊娠の約5%に発生し、その原因は感染や体質によることが多いといわれています。

(参照:日本産科婦人科学会 「早産とは」

また、国立成育医療研究センターのHPでは、このように説明しています。

前回妊娠が早産であった場合に、次の妊娠で早産となる割合は第1子が妊娠35週〜37週未満の早産であれば5%、妊娠34週以下の場合には16%、第1子、第2子共に34週未満の早産であった場合は41%という報告があります1)。また、反復する早産の70%は前回よりも2週間早いという報告もあります2)。

引用元:国立成育医療研究センター

つまり、

前回の妊娠で早産だと次の妊娠で早産になる割合は、

  • 1人目(35~37週未満)が早産だと5%
  • 1人目(妊娠34週以下)が早産だと16%
  • 1人目と2人目(34週未満)が早産だと41%
  • 繰り返す早産の70%は、前回よりも2週間早くなる

早産の再発のリスクは早産をした回数が多く、時期が早いほど(妊娠34週未満)高くなることが分かります。

また、上記は実際に早産となったケースです。

切迫早産になる確率はより高くなると考えられます。

私が3人の産婦人科医師に聞いた時にも「2人目も切迫早産になりやすい」とハッキリと言われました。

一般的に言われている切迫早産予防

産婦人科で一般的に言われている切迫早産の予防法をまとめました。

切迫早産の予防では、日頃から無理のない妊娠生活を送ることと、毎回の妊婦検診をきちんと受診し指導に必ず従うことが大前提となります。

たまひよの医師監修の記事を参考に、自身の経験も合わせて4つの予防法を以下にまとめています。

1.歯周病の治療

歯周病は子宮を収縮させる作用があるといわれているため、つわりが落ち着いたら一度受診しましょう。

妊婦歯科検診が妊娠中に1回、無料で受けられる自治体も多いよね。

妊娠中は免疫力が弱まるので、虫歯にもかかりやすいです。

つわりで歯磨きさえも辛い時は、洗口液を使ってしのぎました。

色々試しましたが、味と効果が一番良かったのが「コンクールF」です。

翌日の口臭や粘着きがとれたので、産後の今も継続して使っています。

2.性交渉は控える

膣内感染や子宮収縮の可能性があるため、切迫早産になる可能性が高い場合は控えるのが無難です。

私は1人目で切迫早産を経験していたので、2人目を妊娠した時に主治医から性交渉は控えるように指導されました。

3.休憩をとる

心身の疲労やストレスがたまると、感染に対する抵抗力が低下しお腹が張りやすくなることがあります。

動かなければいけない時も、こまめな休憩が必要です。

4.禁煙

たばこのニコチンは血管を収縮させる作用があり、胎盤から赤ちゃんへと流れる血流をわるくします。

妊婦本人だけでなく周囲の人にも禁煙・分煙をしてもらうのが望ましいです。

妊娠中に、おなかが張る・おりものが増えるなど何か気になることがあれば、主治医に相談するのが大切だね。

医学的な予防法

自分でできる予防以外には、子宮頚管を直接しばる「子宮頸管縫縮術」といった方法もあります。

通常は、頸管無力症に対して行われる手術で、マクドナルド手術とシロッカー手術があります。

入院先の総合病院には、この手術を受けて正期産で出産した人もいました。

5.葉酸を摂る

1人目のときは妊娠初期から、2人目のときは妊娠を意識してから妊娠後期に入るまで葉酸を摂るようにしていました。

葉酸を接種すると、以下のような効果が期待できます。

葉酸の摂取不足が続くと血液を作る機能に異常が起こり、「巨赤芽球性貧血」という貧血症状が起きたり、神経や腸の機能に障害が起きたりします。また、口内炎や皮膚の異常、動脈硬化を引き起こすこともあります。また妊娠初期に葉酸の摂取が不足すると、胎児の先天異常である神経管閉鎖障害の発症リスクが高まってしまいます。

赤ちゃん本舗「葉酸」

2人目のときは特に切迫早産になる確率が高いと分かっていたので、「早めの出産でもしっかりと赤ちゃんの身体ができあがっているように・・」と意識して葉酸を摂るようにしていました。

葉酸が寄与していたのかは分かりませんが、結果的には1人目も2人目も健康的な身体で産むことができました。

主治医や助産師さんから聞いた予防法

2人目を妊娠時に、主治医や助産師さんから指導を受けた予防法を紹介します。

①休む時は、「座る」ではなく「横になる」

2人目を妊娠したときは、初期のころから安静にするように指導されていました。

お腹が大きくなってくると子宮頚管の圧迫を軽減させるために「座って休むのではなく、横になって休むように」と指導されていました。

②骨盤ベルトでお腹を支えてお腹の張りを抑える

上の子の出産を経験しているので、ただでさえ自分の骨盤が出産前よりゆるんでいるような気がしていました。

骨盤がゆるみすぎると、内臓が下がり子宮頚管を圧迫しやすいとのこと。骨盤ベルトを使うことで子宮頚管への負担を減らすことが期待できます。

病棟の看護師さんには、「トコちゃんベルト」を腰痛予防で使ってる人が何人かいました。

③家事は最低限にする

主治医からは、2人目の妊娠初期から積極的に親の援助や行政のサービスを受けることを促されました。

ただ、両親にも仕事があり、行政のサービスにも金銭的な負担や利用の制限があります。

自宅安静中は最低限のことだけをすると決め、上の子のお世話を優先して家事を極力減らしました

平日はほぼ食事の準備だけをする生活でした。

自宅安静時の食事対策は、以下のページにまとめてあります。

【切迫早産で自宅安静】食事の支度を乗り切れる!種類と費用まとめ

1人目と2人目の妊娠経過の違い

きょうだい

下の子のときは上の子のときよりも、2週間早く切迫早産で入院しています。

2人分の妊娠中から出産までの流れをまとめました。

妊娠3か月まで(11週まで)

1人目のとき

生理痛のような痛み・茶色のおりもの・熱っぽい感じ・つわり

フルタイムで勤務していました。

2人目のとき

症状は1人目の時とほぼ同じ。

1日7時間で週2日パート勤務をしていました。

妊娠4か月(12~15週)

1人目のとき

仕事で立ち作業をしていたり、ストレスを感じると下腹部の痛みが強くなりました。

1人目の時は「お腹が張る」状態がよく分かりませんでしたが、今思えばお腹はずっと硬く張っていました。

「妊娠期間だけでも」と1人目妊娠4か月で医療保険に加入しました。

妊娠6か月目から服薬を開始することになります。

加入前に切迫早産の服薬をしていると、通常は保険金が支払われなくなってしまうため、契約から加入承諾までかなりギリギリのタイミングで間に合いました。

2人目のとき

1人目が切迫早産だったので、早めにパートの仕事を辞めました。

つわりが続いていましたが、平日に上の子の幼稚園の送迎と食事さえ乗り切ればあとは安静にできる状況でした。

妊娠5か月(16~19週)

1人目のとき

少しずつお腹が大きくなっていました。

妊婦ということで、立ち作業や長時間の残業などは配慮してもらっていましたが、人員体制的にもなかなか休んだりできる状況ではありませんでした。

帰宅すると倒れ込むように寝ることもありました。

2人目のとき

朝や夕方に張りやすいと感じていました。

便秘も早産の確率を上げるとの事で、マグミット錠も服薬していました。

妊娠6か月(20~23週)

1人目のとき

張り止めにリトドリンの錠剤を服薬開始

子宮頚管の長さは3~4cm

担当医より自宅安静の指示が出たため、傷病休暇と有給休暇を利用する。

2人目のとき

子宮頚管の長さは3cm以上あるが、食い込み気味とのこと。

できるだけ横になっていましたが、日中はお腹の張りはあまり感じませんでした。夜間になると、胎動と一緒にお腹の張りを感じることが多かったです。

妊娠7か月(24~27週)

1人目のとき

「ツーン」引っ張られるような痛みやチクチクと刺されるような痛みがありました。

週に1回診察がありました。

買い物や家事で少し多めに動くと頚管長は2.5cmと短くなり、横になった状態が多いと3cm以上まで伸びるような状況が続いていました。

2人目のとき

子宮頚管長は2.5~3cmくらい。

リトドリン錠剤の服用開始。

夕方から夜にかけて張ることが多かったなあ。

妊娠8か月(28~31週)

1人目のとき

子宮頚管長は2.5~3cm程度。

座っているとずっとお腹は硬く張っているような感じ。

1時間も経つと横にならないと辛かったです。

立ったり座ったりの姿勢では、チクチク→ズキズキとした痛みに変わります。

家事は最低限の洗濯や食事の支度をしていました。

2人目のとき

妊娠31週、子宮頚管長2.5cm~3cm以内。

前回のことがあるので早めに入院へ。

リトドリンで点滴始めるが、肝機能の数値が悪くなりウテメリン点滴に変更となる。

妊娠9か月(32~35週)

1人目のとき

妊娠33週の診察で子宮頚管長が2.5cmを切り緊急入院となりました。

始めはリトドリンの点滴をしていましたが、肝臓の数値が悪くなってしまい、ウテメリンへと変更になりました。

子宮頚管長は2cm前後で推移していました。

2人目のとき

子宮頚管の長さは3cm程度。

腕の血管に刺してる針部分の痛みが強く、1日1回差し替えを数日しました。

同室の方にPICC挿入なるものを聞き、先生に相談して実施することになりました。

原因が分からない38度の発熱もありましたが、すぐに抗生剤を使って回復しました。

切迫早産入院の必需品 【切迫早産入院の必需品】便利グッズと必要なかった物

妊娠10カ月(36~39週)

1人目のとき

36週で子宮頚管長が1cmとなりました。

37週で子宮口がまだ閉じていたため一度退院し、帰宅します。

結局39週で陣痛がきて1日ほど苦戦しての出産となりました。

2人目のとき

お腹の張りがありながらも37週0日で子宮口が閉じており退院。

翌日破水し、1時間後には出産しました。

退院した日に部屋の片付けや出産準備で動きまくったのも結構大きいかも・・・。

まとめ「1人目が切迫早産だと2人目もなりやすい!覚悟しながらできる限りの予防を!」

あかちゃんのおもちゃ

1人目が切迫早産だと2人目も切迫早産になりやすいです。

私自身は、上の子のときは動きすぎ・働きすぎが切迫早産の原因だと考えていました。

下の子のときは上の子のお世話はありましたが、会社員の時ほど動き回っていたわけではありません。

もともと切迫早産になりやすい体質なのだと考えています。

2人とも入院療養のおかげで正期産までもつことができましたが、2人目は退院翌日に出産しています。

退院日にかなり動いてしまったのもありますが、安静生活の効果を実感しました。

体質的なものだと予防することはかなり難しいですが、妊娠初期から仕事や家事・育児を調整することで、少しでも心身の負担を減らすことが非常に重要になります。